Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

賢威子テーマで、「親テーマが見つかりません」の対処法

ワードプレス

「親テーマが見つかりません」と文句を言われました。

 

賢威は、上位表示すると評判のテンプレートです。

ずっと以前から、買っていたんですが、私には設定が難しくってずっと使っていませんでした。

 

ところが、賢威8のスタンダード版が公開されていたので、使ってみることにしました。

WPのテンプレートは、このサイトでもお世話になっているはわいひらさんのCocoon賢威6などを使ってきたので簡単に反映できると思っていたのです。

 

ところが・・・

「親テーマが見つかりません。」と言われてしまったのです。

 

一体どうしたらいいの?と思いながらやったことを書いていきます。

 

「親テーマが見つかりません。」と管理画面に出た人は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

親テーマが見つかりませんといわれたわたしの環境

WordPress 5.2.2

賢威の親テーマと子テーマをダウンロード済み

すでに賢威の親テーマはインストール完了

その後、賢威の子テーマをインストールしたら、「親テーマが見つかりません。」となったのです。

 

 

子テーマを先にインストールすると、「親テーマが見つかりません。」と出ます。インストールの順番は親テーマから子テーマです。

 

親テーマが見つかりません

WP 管理画面のテーマの画面に、

と出ました。

そこで、テーマの一覧を見てみると

賢威の親テーマはインストールされてますが、子テーマがインストールされていません。

 

子テーマがインストールされていない?

 

こころ
こころ

さっきの警告には、子テーマはインストールされていると出てたよね?

 

 

そこで、FFFTPで確認することにしました。

 

賢威の子テーマは、インストールされていました。

でも、FFFTPの画面を見ながらふと気が付いたんです。

 

親子の名前を同じにしたら・・・。

JINのテンプレートは見ただけで親子ってわかりますよね?

 

そういえば、JINのテンプレートをインストールしたときは何のエラーもでなかったのです。

 

でも、賢威はというと

親子とわかりませんよね?

 

こころ
こころ

もしかして、これが一目で親子とわかるように、

keni80_wp_standard_all_201907050211を

keni8に変えたらいいんじゃないの?

 

と考えてさっそく実行しました。

 

FFFTPの画面も見た目がすっきりしました。

 

すると、管理画面のテーマの一覧に、きちんと賢威の親子が仲良く揃いました。

「親テーマが見つかりません。」という警告が消えていました。

 

名前が違うから、親子と認識できなかったんだとわかりました。

wpも名前で判断するんだと思うと、なんとなく人間味を感じてきました。

スポンサーリンク

まとめ:親テーマが見つかりませんの対処法

ここまで、私が「親テーマが見つかりません。」となったときに自分なりにやったことを紹介してきました。

親子とわかるように名前を変えるが正解です。

テーマ名(テンプレートの名前)を親子同じにしておかないと親子と認識しないのです。

 

賢威のテンプレートはダウンロードした日にちが入ります。

たとえば、keni80_wp_standard_all_201907050211

ですから、子供と名前が違っているのです。

子供は、keni8-childですから。

親を先にインストールすることや親子の名前を同じにすることなど、まるで人間そっくりですね。

余計にWPに愛着がわいてきました。

 

最後のテンプレートの紹介です。

このサイトで使っているテンプレートは、Cocoon

別のサイトにインストールしたのが【賢威】です。

テンプレートを替えたら、人生変わるかも?

 

error:Content is protected !!