Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リンクにとり消し線がつく、リンクは生きているのに・・・。

備忘録
スポンサーリンク

さっき作ったサイトなのに、どうしてリンクが壊れているの?

 

このブログでも、楽天やアマゾンの商品をいくつか紹介しています。

その時に利用させていただいてたのが「カエレバ」です。

 

ところが、ブログを作成し公開した後にリンクが切れていますというメールが届くようになりました。

そこでいつものようにググってみました。

カエレバのリンクにとり消し線がつく

私以外にも他の人も悩んでいたらしく、すぐに見つかったのですが

amazonが関係しているということでした。

カエレバのリンクは、ブログをクリックすればamazonや楽天の商品にとびきちんと生きているのです。

 

いろいろ調べたのですが、私のブログの原因は他のところにあるようで解決しませんでした。

 

カエレバを使うのを諦めました。

amazonが原因してるって言っていたので、楽天でリンクを作り、ブログに載せました。

すると、またリンク切れのメールが来ました。

面白いのは、画像には打ち消し線がつきませんが、テキストのみに打ち消し線がつくのです。

カエレバと同じように、打ち消し線がついているだけで、リンクは生きているのです。

 

これは、私のリンクチェッカーの設定の方法が間違ってるとやっとそこで気がついたのです。

 

原因は「Broken Link Checker」でした。

Broken Link Checkerは、とっても便利なプラグインで、リンク切れがある場合はメールで知らせてくれます。

 

Dashboardでも、

このように表示されます。

この時点で、私のメールBOXには27個のリンクエラーがありますというメールが来ていました。

 

本来ならば、このリンクエラーを修正すれば打ち消し線も自動的になくなります。

 

リンク切れとされているURLを正しいURLに変更しても、「リンク切れ」は解消しないままでした。

 

 

broken link checkerの誤認識があるということがわかりました。

URLが正しく、リンクは生きているのに、ダッシュボードのエラーリストにアップされているという状態が続いているのです。

先程お見せした、ダッシュボードのエラー27個の画像です。

 

このように、誤認識が起こると本当に困ってしまいますので、打ち消し線がつかないように設定を変更しました。

 

「ダッシュボード」→左メニューの「設定」→「リンクチェッカー」で行います。

一般タブの「リンクの調整」にある「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」のチェックを外して変更を保存すればOKです。

 

 

このように設定変更したことで、生きているリンクに打ち消し線がつかないようになりました。

Broken Link Checkerは、ご認識があったとネットで話題になったこともあるようです。

このチェックを外すことで、正しい表示ができるようになります。

サイト訪問者のためにも、チェックを外しておきましょう。

 

 

リンクにとり消し線がつく、リンクは生きているのに・・・。まとめ

実際に、リンクが生きているのに打ち消し線がつくという事は、それだけ売り上げのチャンスが消されるという事になります。

Broken Link Checkerの設定を変更するだけで、カエレバや楽天Amazonのリンクも打ち消し線がつかないようになりました。

とても簡単にできる設定なので、「Broken Link Checker」を利用する場合は設定しておきましょう。

 

error: Content is protected !!