産後の腰痛の簡単な3つの改善方法

産後の腰痛 健康

産後の腰痛、つらいですね。

出産後は、赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしたりして、いつも体の片方に重心がかかってしまい、腰への負担も相当あります。

 

この記事では

  • 出産後腰痛が治らない

という悩みにお答えします。

出産後腰痛に悩んでいる方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

出産後腰痛が治らない原因は?

  1. 骨盤の歪み
  2. 腹筋と背筋の筋肉が衰えている

が挙げられます。

骨盤の歪み

産後の腰痛の原因は、骨盤が開くことです。

赤ちゃんが通りやすいように出産が近づくと骨盤が開いていきます。
産後は、この骨盤を開いた歪みが原因で腰痛が起こるようになります。

骨盤の歪み

 

出産後腰痛が軽く済んだという人の中には、出産直後から「骨盤矯正ベルト」を使っていたという方が多いようです。

骨盤矯正ベルトを使った人は、腰痛も軽くなり体重の減り方も早いし、ウエストも徐々に締まってきたという声が多いです。

また、ぎっくり腰になったので整体院に通って、よくなったという方もいらっしゃいます。

ほとんどの方が、産後すぐから「骨盤矯正ベルト」を使い、それでも腰痛が改善できないときに、カイロプラクティックに通ったり整骨院に通ったり、整体院などで治療をされています。

 

履くだけ骨盤ケア シリーズ最新作『マジカルシェリー』

 

腹筋と背筋の筋肉が衰えている

腰痛は、腹筋と背筋を鍛えて改善してみましょう。

筋肉のコルセットが腰痛から優しく腰を守ってくれますよ。

 

腹筋を鍛えるおすすめのストレッチがドローインです。

 

ドローインは、

  • ぽっこりお腹が解消する
  • 姿勢が良くなる
  • 腰痛の予防
  • 深い呼吸が出来るようになる
  • ボディラインが整う

というような嬉しい効果があります。

 

産後の腰痛だけでなく、普段の生活の腰痛などにも効果的ですね。

生活の中に取り入れて毎日ストレッチを行うようにしましょう。

出産後の腰痛って何科を受診すればいいのでしょうか?

一般的に言うと、腰痛の場合は整形外科を受診しますが、出産後の腰痛も整形外科でいいのでしょうか?

産後の腰痛

もちろん整形外科でいいのです。

しかし、整形外科を受診して、そこでヘルニアと診断されたりストレスと診断されることがあるようです。

その診断内容により、鍼灸に行ったり、整体に行ったり、整骨に行くという方法でいいでしょう。

選択肢は

  1. 整体院
  2. 整骨院

です。

 

 

わたしがおすすめするのは鍼です。

その理由は、一度でとても効果を実感できます。

腰痛 鍼

初めて鍼灸に行く方は、疲労を感じて何もできなくなることもあります。

しかし、鍼灸は、お医者さんが治せないタイプの慢性的な痛みに有効であると考えてもらうといいです。

経験から言って、異常なほど腰が凝っているときでも2回程度通うととてもよく効きます。

鍼には、経絡治療と言って殆どまったく刺さない治療家と、たくさんさす治療家と、中くらいの治療家と、先生次第です。

先生と合わないなと思ったら、違う鍼灸院に行かれる方がいいでしょう。

また、鍼灸院で保険治療の補助をしている市町村もありますので、鍼灸に行かれる場合は市町村のHPなどで確認してくださいね。    

 

出産後の腰痛で整骨にいけば・・。

体のゆがみが原因の腰痛は、整骨院での治療を選ぶ方が多いようです。

わたしが整骨院を利用したことがないので、何とも言えないのですが、 わたしは、整骨院のイメージは体をバキバキされると思っています。

 

出産後の腰痛で整体にいけば・・。

私の経験では、整体は効果がなかったと思います。

鍼利用よりも値段が高いのに、効果を感じなかったので本当にがっかりでした。

 

といっても、それぞれの先生との合う、合わないの問題が多いと思います。

根本的に、鍼、整骨、整体は時間がたてば同じような腰痛は出てきますので、対処療法しかありません。

整形外科でヘルニアと診断されたら。

ヘルニアには、腰回りの筋肉を鍛えないといけません。

間違った方法で筋肉を鍛えると余計に腰に負担がかかる可能性が高く成ります。

筋力を上げる体操 仰向けに寝て膝をたてます。 そのままの姿勢から、お尻を上げ下げします。

腰痛の治療は、体幹(腹筋と背筋)の筋力トレーニングが重要と考えられています。まずは腰痛体操をしてみることをお勧めします。

帝王切開で出産して腰痛が出た時

腰痛の痛みと帝王切開の痛みもありとても大変でしょう。

産後の1か月健診までは、骨盤矯正ベルトを使用して骨盤のゆがみを整えます。

その後帝王切開の痛みがなくなったら腰痛の治療をしましょう。

 

この時期はムリせずに、何でもゆったりとやるようにして下さいね。

産後のムリは後で来るそうです。 授乳も急ぐ事はありませんよ。赤ちゃんでも少しくらい待ってくれます。 それより無理して余計に腰を痛めたら目も当てられません。

 

産後3ヶ月位で整体院に通い初めて腰痛を拡幅した人もいます。

 

[ad]

まとめ:産後の腰痛の簡単な3つの改善方法

ここまで、産後の腰痛の原因と改善方法3種類紹介してきました。

  1. 出産後すぐに骨盤ベルトを使って、骨盤の歪みを解消する。
  2. ドローインというストレッチで腹筋と背筋をつける。
  3. 効果を感じられない時は、整形外科や整骨院や整体院に通ってみる。

 

産後は、赤ちゃんの世話もあり腰を痛めることが多くなります。

腰がいたいと、立っているだけで苦痛を感じることがあります。

産後すぐに骨盤矯正ベルトなどを使うようにしましょう。

産後1ヶ月位からストレッチのドローンも取り入れましょうね。

 

ドローンで腰痛が解消したという人もおおいので、毎日コツコツと続けましょう。

 

 

 

 

error:Content is protected !!