Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【警告】ads.txt ファイルの問題を修正してください。簡単3ステップ修正の手順

アドセンス

こんにちは、こころ(@love111ai)です。

アドセンスの管理画面の警告文が表示されていました。

 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

アドセスは、ブロガーやサイト運営者にとって、魅力的な収益源の一つです。

 

ads.txt ファイルの修正は簡単にできますので、一緒にやってみましょう。

 

スポンサーリンク

ads.txtの修正の手順

  1. アドセンスIDを確認
  2. ads.txt作成
  3. ads.txtを該当するドメインにアップロード

 

アドセンスIDを確認

管理画面→アカウント→アカウント情報

すると、自分のアカウント情報が確認できます。

アドセンスアカウント

 

下の画像はアカウント情報の部分を拡大したもの

アドセンスアカウント情報

 

必要なものは、サイト運営者IDです。

 

ads.txt作成

アドセンスの管理画面の警告文の下の方のダウンロードをクリックしてads.txtをダウンロードします。

アドセンスの管理画面の警告文

テキストエディターは、テラパットVXエディターが便利です。

※Windows 標準のメモ帳は使わないように!

ダウンロードしたads.txtに、アカウントIDを記入します。

下記がダウンロードしたads.txtです。

pub-0000000000000000に、確認したアカウントIDを記入します。

 

上書き保存します。

 

ads.txtを該当するドメインにアップロード

該当するドメインにアップロードします。

各サイトのルートレベルのドメインというのは、ドメインがabc.comの場合は、

abc.com/public_htmlのことです。

FFFTPでアップロードします。

FFFTPでads.txtをアップロード

きちんと、ドメインルートにads.txtをアップロードできました。

しかし、アドセンスのアップロードしてすぐに警告文が消えるわけではありません。

反映されるまで、数日かかります。

 

確実にアップロードできたか確認するには?

プラウザの検索窓に、abc.com/ads.txtと打ち込んでみましょう。

ads.txtの記入した内容が表示されたら、正しくアップロードされています。

 

まとめ:【警告】ads.txt ファイルの問題を修正してください。

ここまで、警告が来たアドセンスのads.txtを書き換えてアップロードする方法を紹介してきました。

とても簡単に修正することができます。

数日で警告文が消えます。

これで、安心してアドセンスを利用することができますね。

 

error:Content is protected !!