Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハロウィンの由来とルール|お菓子はかぼちゃのランタンが飾ってある家で!

ハロウィン

10月のお祭りとして定着してきたハロウィン。

日本では、「仮装するお祭り」という事で知られているようです。

 

子供たちが仮装して、いろいろな家庭を「お菓子を頂戴」と言って訪ねるようですが、そのままよその家庭に上がり込んだりとか、お菓子が少ないなどと、問題になる場合もあるようです。

 

もともとは、夏の収穫に感謝するケルト人のお祭りだったのが、新しく日本へ入ってきた海外の文化です。

そのために、ハロウィンのことをきちんと子供たちに説明できる人が少ないのも事実です。

 

仮装するお祭りという認識ですから、ただ仮装して町を練り歩いて、暴れたりする人たちもいるようで逮捕者も出ています。

 

もともと、ハロウィンは日本古来のお祭りでもないために、仮装することだけが先行しているようです。

地域ごとにハロウィンのルールなども改めて決めていかないといけないように思います。

 

ハロウィンの翌日の町の汚さと言ったら、びっくりします。

サッカーのワールドカップでごみをかたずけることを賞賛された日本人です。

あの時感じた日本人として誇らしさを思い出してほしいと思います。

 

 

この記事では、ハロウィンの由来とハロウィンのルール、ハロウィンのお菓子などを紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの由来

ハロウィンは、毎年10月31日に行われるイギリス発祥のお祭りです。

紀元前よりイギリスに住んでいたケルト人の収穫祭「サウィン祭」が起源となっています。

 

ハロウィンと言えばアメリカ生まれと思っている方も多いようですが、じっさいはイギリスが発祥地なんです。

 

では、その「サウィン祭」について紹介します。

サウィン祭って?

「サウィン祭」は、夏の収穫に感謝しつつ、新年のお祝いをするお祭りで毎年10月31日と11月1日に開催されています。

 

ケルト族の暦では、一年は夏の季節(収穫の季節)と冬の季節(田畑を休ませる季節)の2つの季節にわかられています。

 

夏の季節の終わりは10月31日で、冬の季節の始まりは11月1日になります。

すなわち夏の終わりと冬の始まりにあたる10月31日の前夜祭と11月1日のお祝いがサウィン祭と言われ、10月31日の前夜祭がハロウィンの原型となっています。

 

サウィン祭儀式の内容

夏の収穫に感謝するサウィン祭は、10月31日の日没から始まります。

ケルト人たちの司祭たちは、神への捧げ物として夏に収穫した作物を炎にくべ、動物や人間を生贄に捧げました。

夜が明け、11月1日になると司祭たちの手でその炎から分けられた火が各家庭に配られたといわれています。

この神聖な火が、悪い霊や妖精から家庭を守ってくれると信じられていました。

 

このサウィン祭りの時期は、この世と霊界との間に「門」が開き、両方の世界を自由に行き来できると信じられており、先祖の霊と一緒に悪霊もくるといわれているのも納得できますね。

日本でいうと、お盆と似たような感覚ですね。

 

 

ハロウィンの語源は?

ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」です。

Hallow とは、古い英語で「神聖化する」という意味です。

Even とは、「evening = 夕べ」という意味です。この2語が少しずつ変化して「Halloween」になったと言われています。

 

 

ハロウィンで仮装するのは、どうして?

「サウィン祭」では、ご祖先様の霊が返ってくるのですが、その時一緒にお化けや魔物もやってくるのです。

お化けや魔物は人間にいたずらをしたり連れて行こうとするのです。

そこで、お化けや魔物から身を守る為に、怪物や魔物の格好をしたり、怪物をかたどったランタンを作って、魔物やお化けを追い払ったのです。

 

仮装する人たちがゾンビの格好や魔女や悪魔のような恰好をするのは、魔物を追い払るためだったのです。

 

日本のハロウィン文化

日本のハロウィンは、仮装パーティさながらです。

いったいなぜこのようなハロウィンになったのかというと、アメリカのハロウィンが入ってきたからです。

 

ハロウィンの発祥は、ケルト人のサウィン祭だとお話ししました。

このケルトの文化が古代ヨーロッパの文化などと融合しながらアイルランドやスコットランドなど、もともとケルト人が住んでいた国々などで栄えてきました。

その中の一部の人たちが移民となりアメリカ大陸に渡ったことが、ハロウィンの文化が盛んになったのです。

 

アメリカのハロウィンは、自由の国らしくなんでも受け入れる文化として発展してきました。

とくに、映画スターやヒーローなど、ディズニーなどではお姫様や海賊などに仮装したりするのが人気となりました。

 

このアメリカ流ハロウィンが日本に定着し、いつの間にか若者の街、渋谷や池袋に広がって行ったように思います。

 

 

 

「ジャック・オ・ランタン」は魔除けだけ?

ハロウィンでは、かぼちゃをくりぬいたランタンが有名です。

ジャック・オ・ランタンと言って、ハロウィンにはなくてはならないものになっています。

 

このランタンですが、もともとケルト人は「カブ」でランタンを作っていたのです。

かぼちゃでランタンを作るようになったのは、アメリカにハローウィンの行事が伝わってからです。

アメリカではカブよりもかぼちゃの生産量が多くって、かぼちゃでランタンを作るようになったという事です。

でも、かぼちゃのランタンの役割は魔除けだけではありません。

 

ハローウィンのルール

子供たちが「トリックアトリート」と言いながら、仮装をして、家庭を回ってお菓子をもらうのですが、この行為にもかぼちゃのランタンが関係しています。

 

お菓子を貰ってもいいのは、

  • 家にかぼちゃのランタンが飾ってある家だけ
  • ちゃんとハロウィンの飾り付けがしてある家だけ

なんです。

だから子供たちが、「トリックアトリート」と言いながら訪ねてきても、かぼちゃのランタンを飾っていない場合やハローウィンの飾りつけをしてないときなどは、お菓子をあげなくってもいいんです。

大人がハロウィンのルールを子供たちに教えることで、ご近所からも冷たい目で見られることがないようにしたいですね。

 

実際に、子供たちがハロウィーンに突然来られて困るとか、夕食の支度している時に、なん組もでピンポンピンポン来られて迷惑だという苦情が学校にも入っているようです。

お菓子をもらいに行く家は、事前に約束している家だけを訪問するようにという注意のプリントが学校から配布されたという事もあります。

 

知らない子供たちが「お菓子をくれないといたずらするぞ!」と言って、家の中まで勝手に上がってこられるのはいい気持ちではありません。

 

ご近所と上手にお付き合いするためにも、子供たちにしっかりとルールを教えるようにしましょうね。

 

 

ハロウィンで作ると喜ばれるお菓子

子供たちがたずねてきたときに、お菓子はキャンディなどを渡すといわれていますが、かぼちゃでクッキーなどを作って渡すと喜ばれますね。

また、プリンやパンプキンパイもおすすめです。

かぼちゃクッキー作り方

材料(8枚分)

  • カボチャ30g
  • 砂糖30g
  • 無塩バター30g
  • 薄力粉60g
  • 片栗粉10g
  • パンプキンシード8個
作り方

  1. カボチャは600Wの電子レンジで1分加熱して柔らかくします。
  2. ボウルにカボチャと砂糖と無塩バターを入れてカボチャを潰しながら混ぜます。
  3. 粉類をふるい入れヘラで混ぜ合わせて生地をまとめ、冷蔵庫で30分程寝かせます。
  4. 生地を5ミリの厚さにのばして型で抜き、パンプキンシードをのせて、170度に予熱したオーブンで15分〜18分焼きます。

ハローウィンの包装紙で包んで子供たちに渡すと大喜びしてくれますよ。

かぼちゃプリンの作り方

材料(直径8cm×高さ5cmのプリン型4個分)

・かぼちゃ……1/4個(350g)
・卵……3個
・牛乳……150cc
・生クリーム……100cc
・砂糖……50g

カラメルソース

・砂糖……50g
・水……大さじ1杯
・お湯……大さじ2杯

1.かぼちゃは600Wのレンジで4分ほど加熱し、熱いうちにマッシャーで潰します。
2.別のボウルに卵を溶きほぐし、砂糖、牛乳、生クリームを少しずつ加えて混ぜ合わせます。
3. 12を少しずつ加えて、なめらかになるまで混ぜたら裏ごしして、型に等分に流し入れ、アルミホイルをかぶせます。
4.天板にのせたホーローバットに並べ、1〜2cm高さの熱湯(分量外)を張り、160℃のオーブンで40分蒸し焼きにします。粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。
5.鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、中火でカラメル色になるまで煮詰めカラメルソースを作ります。

火を止め、お湯を加えて混ぜたらできあがりです。

プリンが冷えたら、カラメルソースをかけて召し上がれ♪

ハローウィンの由来とルール:まとめ

10月のハローウィンはとても人気のお祭りです。

というのも、ハロウィンは、おとなもこどもも一緒に楽しむことができます。

たとえば、一緒に仮装できたり、子供とともに家の飾りつけをしたり、かぼちゃのお菓子を作ったりなどいろいろな楽しみがあります。

仮装して町を練り歩くだけでなく、家族で楽しんでみませんか?

error:Content is protected !!