Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ネイルの資格ってどんな種類があるの?通信でも資格取得できますか?

ネイル資格 ネイル資格種類 ネイリスト

ネイルの資格を持っている人のことを、ネイルストって言います。

やっぱり資格は持ってないよりも持ってる方が絶対に得ですよね?

ところが就職や自営業には必ずしもネイリストという資格が必要なわけでは無さそうです。

でも、資格を持っている方が就職に有利ですし、自分でサロンを開業した時にもお客様の信頼にもなります

 

この記事では、

  1. ネイルに資格の種類ってどんな種類があるの?
  2. ネイルの資格って通信でも取得できるの?
  3. ネイルの資格を最短で取得するにはどうしたらいいの?

という質問にお答えします。

 

ネイルの資格を取りたい方は参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

ネイル資格の種類

ネイル資格、ネイル資格種類

  1. JNECネイリスト技能検定
  2. INAネイルスペシャリスト技能検定

の2つの検定試験があります。

JNECネイリスト技能検定

1級を最高とし、1級、2級、3級の段階に分かれています。

1級 : トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識。
2級 : サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、ネイルアートに関する技術及び知識。
3級 : ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識。

INAネイルスペシャリスト技能検定

  1. ネイルスペシャリスト技能検定試験
  2. ジェルネイル技能検定試験

の2種類有ります。

INAネイルスペシャリスト技能検定は、理美容専門学校生、ネイルスクール生を対象とした検定試験ですが、JNEネイリスト技能検定3級は、義務教育を終了していれば受験可能なのでおすすめの資格です。

 

ネイリストの検定試験に合格するには?

通信教育、専門学校・スクールなどで、勉強します。

 

突然ネイリストの検定試験だけ受けても実技試験がありますので合格するわけがありません。
実技は学校でキチンと指導を受けて何回も練習をして上達します。

おすすめなのは、専門学校やスクールで学ぶことです。

なぜなら、プロのネイリストがそばにいて技術やアドバイスを常に貰うことができるからです。

もちろん他の学生とともに夢にむかって切磋琢磨するのはかけがえの無いものと成るでしょう。

 

ネイルの資格って通信でも取得できるの?

ネイル資格ネイル資格種類

もちろん取得できます。

通信教育でも、講師の的確なサポートなどがあるので安心して教育を受けることができます。
通信講座のメリットは専門学校や背クールに比べると料金が安いということです。

デメリットは、自己管理ができる人でないと計画通りに受講することが難しいという点です。
勉強しなくても誰も注意する人がいないのでついつい勉強をしなかったということがあるかもしれません。
自分の性格や置かれている立場を考えて、専門学校にするか通信教育にするか考えたらいいですね。

スポンサーリンク

ネイルの資格を最短で取得するにはどうしたらいいの?

ネイル資格

ネイルの資格を取得するには、通信講座やスクールなどがあります。

最短でネイルの資格を取得するにはネイルスクールがおすすめです。

ネイルスクールに通って技術を身に付けます。

沢山のネイルスクールがありますから、自分のライフスタイルに合うスクールを探しましょう。

自分にピッタリのネイルスクールはどうやって探したらいいのかというと、 沢山あるスクールから、自分にあった講座を探してみて、資料請求をしましょう。

 

注意して欲しいのが通信講座ではなく通学で学べるコースを選んで欲しいのです

 

通信講座だと、文字で自分の思いを相手に伝えるのは本当に難しくもどかしく感じます。 疑問に思っていることがすぐに解決できないと、伸びないとおもいます。 疑問に思っていることが常にすぐに解決できないでいるとストレスが溜まってしまいます。

 

ところが通学だと、疑問点も先生や同じ生徒同士で解決することもできますし、いい意味でのライバルもいますからモチベーションも違ってきます。

生徒同士で、相モデルなども行いますので技術の伸び方が通信教育と比べて断然違います。

 

スクールを選ぶ時のポイント

  1. 検定対策指導スクールを選ぶこと。
  2. 現場研修がコースに含まれているプログラムを選ぶこと
  3. 就職サポート制度があるスクールを選ぶ

 

検定対策指導スクールを選ぶこと。

ネイリスト検定対策で指導してくれるスクールを選ぶほうがいいでしょう。

就職や開業には、なんといっても資格を持っていると全然違ってきます。

ネイリスト=資格試験に合格ですから、スクール選びには絶対に外せない条件です。

現場研修がコースに含まれているプログラムを選ぶこと

ネイリストの資格は取れても、スクールにかよっているあいだに一度も現場での研修がなかったりすると、どのように接客していいのか戸惑いますよね?

スクールの中には、現場研修もカリキュラムの中に含まれているスクールもありますので、接客に不安な方はこのコースを選ぶのもいいでしょう。

就職サポート制度があるスクールを選ぶ

就職支援のサポート体制が整っているスクールもあります。転職もサポートしてくれる所もありますので、安心ですね。

いち早く独立したいと思っている方には就職支援サービスがあるスクールは超おすすめです。 自分の技術を高めたいと思っている人にもおすすめのコースです。何より安心してスクールに通学できますね。

 

ネイリストになりたいはあなたは、情報収集が必要です。
資料請求できるサイトで、実際にネイリストの資格をとった先輩方の体験談を知ることができます。
そして、地区ごとに学校やスクール・通信教育の一覧表を見ることもできます。

 

資料を一括で無料請求できます。

個別に1つずつの学校やスクールに資料請求するのではありませんので、後からしつこい勧誘の電話もありません。
気になる学校やスクールを見つけたらまず資料請求していろんな情報を収集します。

 

ネイル資格取得の学校・スクールの資料を取り寄せる

ネイルの資格ってどんな種類があるの?:まとめ

ネイル資格、ネイル種類

 

ここまで、

  1. ネイルに資格の種類ってどんな種類があるの?
  2. ネイルの資格って通信でも取得できるの?
  3. ネイルの資格を最短で取得するにはどうしたらいいの?

についてお話ししてきました。

 

ネイルの資格は、通信講座でも取得できますがネイル関係の仕事をずっと継続していきたいならば最短で資格を取り、ネイルサロンに就職しましょう。

 

ネイルサロンで技術を磨きながら、新しい技術を取得していきましょう。出産後でも再就職出来たりネイルサロンを開業できたりもします。

 

最初に、ネイルの資格を取得することに専念しましょう。

 

ネイル資格取得の学校・スクールの資料を取り寄せる

 

error:Content is protected !!