平昌五輪HPの世界地図から日本の記載漏れ? こんなことあっていいの?

平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)は、2018年2月9日より25日まで開催される予定です。

しかし、公式ホームページ(HP)ドリームプログラムに掲載された世界地図に日本が記載されていないことがネット上の書き込みで話題になり、確認したら日本がなかったことが分かりスポーツ庁が韓国大使館に指摘をし、訂正をもうしいれました。

スポンサーリンク

日本がない地図って?

下の図、赤丸の部分に本来なら日本が存在するはずです。

また、地図には、朝鮮半島の横に十分なスペースがあり、日本よりも小さい台湾は掲載されているにも関わらず、日本列島は描かれていないのです。

日本だけ削除するのが難しいんじゃないかしら?

この地図が今年2月からずっと掲載されていたという事です。

えっ?わざとじゃないでしょう?そうなのかしら?とおもいませんか?

下請け会社のミスだといっているようですが、単純ミスと言っているようでけど、本当に単純ミスなのでしょうか?

スポンサーリンク

ミスではなくわざとでは?

別のページに掲載されている、朝鮮半島の地図には日本海を東海(とんへ)「EastSea」、島根県の竹島を独島(どくと)「Dokdo」の表記もあったのです。

日本政府の抗議に地図は修正されていますが、竹島と日本海の表記は訂正されていません。

こんなことをするのは故意にとしか考えられないというのは私の心が狭いのかしら?

twitterでは、ボイコットすべきという声や

韓国の人も日本がないという事はすぐわかるはず、何人も確認して掲載するはずだから、故意にやったとしか考えられない

平昌オリンピックの日本スポンサーはおりた方がいいよといった投稿もありました。

ちなみに韓国では「久しぶりにス~~とした」「100点満点」など称賛の声も上がっています。

ミスでは済まされないようになってきています。

平和の象徴のオリンピックでこんなことはあってほしくないですね?

ちなみに訂正された後は、

きちんと記載されています。

しかし、また新たな問題が・・・。

というのも北朝鮮の動向です。これでフランス・ドイツ・オーストラリアが参加しないことになるかもしれないようです。

オーストリア五輪委員会のカール・シュトース会長は、「朝鮮半島情勢は悪化している。選手団の安全が保障されない場合、我々は韓国には行かない」とコメント。
北朝鮮の動きに全世界が翻弄されているようですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!