Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

合宿免許の安い時期と卒業までのスケジュールと学ぶ内容

合宿免許

 

合宿免許は通学で免許を取得するよりも格段に費用が安く免許が取得できます。

免許取得となるとどうしてもまとまったお金が必要になります。

合宿免許は通学に比べたら格段安いのですが、そのなかでも、期間と宿泊プランを限定すると、20万円かからずに、免許取得が可能な合宿免許が沢山あります。

 

このページでは、合宿免許の安い時期を紹介します。

 

とにかく安い合宿先を知りたいという方は、こちらで探してください。

最安価格で免許を取得できます。
合宿免許ドリーム

 

合宿免許の安い時期ってあるのですか?

合宿免許も忙しい時期と暇な時期が分かれていて、

合宿免許の暇な時期は「1月・4月後半・5月・6月・7月初旬・9月後半・10月・11月・12月」です。

合宿免許の忙しい時期は「2月、3月、4月前半までの春休み、7月中旬、8月、9月前半」です。

 

つまり、学校が休みの時期や新生活が始まる就職時期が合宿免許の繁忙期なので、料金も高くなります。

 

ですから、この時期を避ければ、かなり安く免許を取ることができます。

ですから、学校が休みの時期に合宿免許へ行くなら、早期の予約が必要になります。

 

その他に、観光シーズンや年末年始、ゴールデンウィークなど、ひとりで合宿所に滞在したくない時は、合宿免許の暇な時期となりますので、価格も安いなります。

 

 

価格が安い時期に教習生を増やすキャンペーンなどがあります。

キャンペーンだとシングル3食付きで、20万切る価格で免許が取得できることもあります。

暇な時期で価格が安いうえにより易いキャンペーンが実施されるときは見逃さないようにしましょう。驚きの価格で免許が取得できます。

申し込み時に注意すること

注意が必要なのは、寒い地方の合宿免許の申し込みです。

雪が多い地域では、道路の渋滞や雪のための交通規制などで合宿免許先に到着するにも大変の思いをすることがあります。

そして、雪のために教習所が休みになることもあります。

関東地方の人なら、寒い時期はできれば西の方の合宿先を選ぶようにすれば雪もなく運転が楽です。

温かい時期になれば、東北や北海道もいいですね。

 

合宿先によっては温泉を楽しめたり、楽しいイベントを企画したりと、サービスに力を入れています。

地域観光ツアーや温泉もついて通学免許よりも安いですから、女性にも大人気です。

 

 

観光地に近い合宿免許に申し込んで、教習のない時間は観光をしたりするのもお勧めです。

キャンペーンが用意されていたり、よりお得な価格になっていたりもしますのでこまめなチェックが必要です。

 

希望の地域の教習所をチェックしてください。

合宿免許ドリーム

合宿免許の安い時期とスケジュールの内容

合宿免許の卒業までの流れ、学ぶ内容は?

合宿免許は、ほとんどの人が卒業できるので、予約=免許取得と考える人が多いのも事実です。

 

合宿免許は最短で免許が取得できるようにスケジュールが組まれています。

合宿免許の流れや学ぶ内容を知っておくと、安心できますし有利になります。

 

 

運転免許を取得するには不安も多いですが、合宿免許は、学科試験や実技教習などポイントになる部分を集中的に学びますので、初めてに人でもほとんどの人が落第することなく、卒業できます。

 

合宿免許 卒業までの流れ

合宿免許の安い時期とスケジュールの内容

  1. 適性検査
  2. 入校手続き
  3. 第一段階(校内での教習、学科)
  4. 仮免許学科試験と実技の修了検定(校内試験)
  5. 第二段階(路上教習、学科)
  6. 技能の卒業検定(路上試験)

ここで自動車学校は卒業になります。

1.適性検査 2.入校手続き(1日目)

  1. 適性検査
  2. 入校手続き

 

3.第一段階

  • 技能  MT車 15時限・AT車 12時限
  • 学科 9時限

4.仮免許学科試験と実技の修了検定(校内試験)

仮免許を取得するための技能(実技)と学科のテストです。

5.第二段階

  • 技能 MT車 19時限・AT車 19時限
  • 学科 16時限

6.技能の卒業検定(路上試験)

路上実技の最終テスト

合格すると合宿免許は卒業となります。

 

スポンサーリンク

合宿免許で学ぶ内容

第一段階で学ぶ内容

  1. 運転者の心得
  2. 信号に従うこと
  3. 標識・標示などに従うこと
  4. 車の通行するところ、車が通行してはいけないところ
  5. 緊急自動車などの優先
  6. 交差点などの通行、踏切
  7. 安全な速度と車間距離
  8. 歩行者の保護など
  9. 安全の確認と合図、警音器の使用
  10. 進路変更など
  11. 追い越し
  12. 行き違い
  13. 運転免許制度、交通反則通告制度

第二段階で学ぶ内容

第二段階となると、難しい単語もでてきますが、合宿の授業をしっかり受けることです。

応急救護処置については、3時間通して応急救護について学びます。1時間は説明等で残り2時間は実技となっていて、マネキンなどと相手に応急処置について学びます。

  • 危険予測ディスカッション
  • 応急救護
  • 死角と運転
  • 適性検査結果に基づく行動分析
  • 人間の能力と運転
  • 車に働く自然の力と運転
  • 悪条件下での運転
  • 特徴的な事故と事故の悲惨さ安全運転の知識
  • 自動車の保守管理
  • 駐車と停車
  • 乗車と積載
  • けん引
  • 交通事故のとき
  • 自動車の保有者などの心得と保険制度
  • 経路の設計
  • 高速道路での運転

合宿免許で卒業できない人はいるの?

合宿免許に参加しても必ず卒業できるわけではありません。

最短日数で卒業できない人は入校者の約1割だといわれています。

学科や実技で落ちた場合は、追加料金を払って継続して教習を受ければ、おおむね卒業できるようです。

 

卒業保障がついている合宿免許もありますので、不安な方は卒業保証付きの合宿先を選んでもいいですね。

スポンサーリンク

合宿免許で卒業できない理由

体調不良の場合

合宿免許に入校して環境が変わることで体調を崩す人がいます。

合宿免許はすべて自己管理ですから、体調管理に気をつけましょう。

手洗い・うがい、またマスクなどをして体調を崩さないようにしましょう。

常備薬など一通り持参するようにしましょう。

遅刻などで時間が足りない

遅刻をすると、学科や実技の時間が足りなくなり、予定通り受講できなくなります。

使い料金の支払いで受講できるといいのですが、遅刻をしないように気を引きしめることが基本です。

空き時間に外出したりする事があると思いますが、予定を考えて行動しましょう。

技能検定で不合格になった。

普段の実技では運転出来ていたのに、S字や縦列で当たったりみちをはずしたりすると、「ハイ帰ろうね。」と言われ不合格になります。

1発不合格という緊張感の中で行われる試験で、普段できていたことが全くできなかった、なんてこともあります。

教習(練習)の段階でしっかりと基礎を身に付けておきましょう。

S字や縦列などはハンドルを切るポイントをしっかり覚えておきましょう。

実技でむずかしいのは仮免の実技です。

車に乗車するときの左右確認・S字カーブや縦列駐車・坂道発進などができれば合格です。

落ち着いて運転しましょう。

 

効果測定が不合格

免許を取るための学科試験の練習として行うテストが効果測定です。

入校すると運転教本や学科教本の他に問題集が教材として配られます。

問題集を何回も繰り返し勉強することが合格への近道です。

問題集の勉強もせずに試験を受けるなどは、合格するはずがありません。

 

合宿免許の安い時期とスケジュールの内容 まとめ

最短最安で免許が取れる、と人気の合宿免許は時期により料金が違います。

格安キャンペーンや、閑散期に入校するとより安い料金で免許がとれます。

合宿免許の暇な時期は「1月・4月後半・5月・6月・7月初旬・9月後半・10月・11月・12月」です。

この時期に休みが取れる人は、閑散期の合宿免許がおすすめです。

 

合宿免許ドリーム

error: Content is protected !!