Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

車の免許最短何日で取れますか?合宿免許は最短13日です。

合宿免許

車の免許を取るには、

  1. 運転免許試験場
  2. 自動車学校
  3. 自動車教習所
  4. 合宿免許

の方法があります。

 

ほとんどの方が、 2番の自動車学校を卒業して運転免許試験場で学科の試験を受け合格したら運転免許取得できる方法を選んでいます。

 

 

1番の運転免許試験場では、

仮免許の学科→仮免許の実技→路上の学科→路上の実技→免許取得という流れになります。

 

 

仮免許の実技で落とされる人が多く、免許停止になった人などが運転免許試験場に直接試験を受けに来るために、なかなか仮免許の実技で合格させないと言う都市伝説があります。

 

 

実際私も、運転免許試験場に直接試験を受けに行きました。仮免許の実技で7回も落とされてしまいました。仮免許の実技で落ちる回数や何回も払わないといけない受験料のことを考えると、最初っから自動車学校や合宿免許を選ぶのが最善の方法です。

 

 

このページでは、自動車学校卒業と合宿免許卒業ではどちらの方が最短で運転免許を取得できるかについてお話しします。

 

 

自動車学校と合宿免許どちらにしようか悩んでる方や、冬休みや春休みの2週間程度で免許を取りたいと考えてる人の参考になれば嬉しく思います。

通学しながら免許を取得する場合、早い人で1ヶ月、遅くとも3ヶ月で多くの人が免許も取得しています。

 

きちんと日数を表せないのは、個人個人がバラバラに入学してくるから、人によって期間が全く違うようになるからです。もちろん、年齢的な違いがあります。私の知り合いは、 30歳過ぎて免許取得に行ったので、約半年かかりました。費用も相当かかったようです。

 

自動車学校のメリットは、自分のペースで教習の日程を選べるので、パートやアルバイトの日程を調整しながら受講できます。

 

 

自動車学校でも、オートマチック車限定で最短20日で運転免許が取得できるコースもあります。

各自動車学校で問い合わせてください。

 

合宿免許

合宿免許で、車の免許を取る期間は最短で、13日です。

1番多いのが、14日から16日です。

 

合宿免許では、免許を取るカリキュラムが完全にスケジュールで組まれています。

 

そのために、学科で不合格になったり、技能がうまくいかない人もいますので、免許取得できる最短の日にち+1日か2日の余裕をもっている方が安心できます。

 

合宿免許の最短の卒業率は80%から90%と言われています。

 

教習生のやる気次第、能力次第になりますが、まじめに取り組めばほとんどの方が最短で免許取得が可能です。

 

合宿免許と自動車学校との違い

まず最短期間で免許取得できるのは合宿免許です。

合宿免許の場合、

  1. 入校
  2. 適性検査
  3. 第一段階(校内での教習、学科)
  4. 仮免許学科試験と実技の修了検定(校内試験)
  5. 第二段階(路上教習、学科)
  6. 技能の卒業検定(路上試験)

ここで合宿免許は卒業になります。

 

これらすべて、一発合格ならば最短の日数で免許取得できます。

 

AT限定なら、実技で不合格という人よりも、学科で不合格の人が多いようです。

学科は、問題集をきちんと勉強すれば落ちませんので、道路標識などはきちんと覚えるようにしましょう。

 

自動車学校の場合は、通学ですので合宿免許と比べてプライバシーは格段に尊重できます。

また、仕事を休めない方やお子さんが小さい方など、仕事と並行しながら育児と平行しながらも免許取得が可能です。

ただし、自動車学校で短い期間で免許取得したい場合は、入学の時期を閑散期にすることをお勧めします。

次の日程の予約が繁忙期だったらなかなか入れにくいために、次の実技の講習までに今まで習ったことも忘れてしまうことがあるからです。

 

免許の取得は短期決戦が効果的です

スポンサーリンク

運転免許を最安で取得する方法

自動車学校や合宿免許の暇な時期を利用して免許を取得するようにしましょう。自動車学校や合宿免許の閑散期は4月中旬~7月上旬、9月中旬~11月です。

 

閑散期は繁忙期に比べて料金が安くなります。自動車学校では、 4万円から9万円の差があるところもあります。

同じように免許が取れるのならば、閑散期を利用するのは料金的に大きなメリットがあります。合宿免許ならば、費用が安い上に閑散期を選べば、より以上安くなるメリットもあります。

 

 

【おすすめの合宿免許】

合宿免許ドリーム

合宿免許受付センター

免許合宿ライブの教習所入校

 

閑散期を利用するメリット

  • マンツーマンの指導を受けられる。
  • 車が空いている時など、自由に運転の練習ができる。(教習所による)
  • 自動車学校ならば、自分の都合に合わせた予約を入れられる。

 

 

マンツーマンの指導が受けられる

なんでもわからない事は、その道のプロに聞くのが1番です。運転免許を取得するために、自動車学校や合宿免許の選んで運転する技術やを学んでいます。

 

運転することなどわからないことがある場合は何でも聞きましょう。そのためには、マンツーマンの指導を受けていると気軽に色々質問できます。

 

例えば、 s字カーブの時のハンドルのきり元のポイントや縦列駐車の時のポイントなどのポイントなど前もって聞いておくと、仮免許実技の時に生かされます。

 

車が空いている時など、自由に運転の練習ができる。(教習所による)

AT車を選んでいる方は、関係ありませんがMT車を選んでいる方にとっては坂道発進がうまくいかないと減点のポイントになります。

 

クラッチの位置が少しでもずれると、均衡を保たれず坂道をバックしてしまいますので、後ろの車にぶつかってしまいます。バックし出すと教官が慌ててブレーキペダルを踏みます。クラッチの位置については、自分自身が納得できるまで何回も練習する必要があります。

 

 

閑散期を選ぶと、このような時に、自由に運転の練習ができることが多くなります。それだけで、実技試験壱発合格への近道となります。

 

自動車学校ならば、自分の都合に合わせた予約を入れられる。

合宿免許の場合は、免許修得までの過程がカリキュラム化されてすべてスケジュール化されています。そのために次の日の実技運転の予約などとる必要がありません。

しかし自動車学校では、個人個人がバラバラに入学して、教習課程を修了し路上の実技試験に合格した者が卒業となります。そのために各個人の進み具合によって、各個人が次の予約を入れる必要があるのです。

 

繁忙期になると、予約を入れようにも人数が多すぎて、次の予約が1週間後や10日後などと言うのはごく普通です。私たちは、 1週間や10日も経つと運転の技術など忘れてしまいます。

 

ところが閑散期だと、今日習ったことを明日確認しながら運転技術を高めると言うことが可能になります。つまりそれだけ予約が入れやすいと言うことになるのです。

 

車の免許何日で取れますか?まとめ

最短で免許がとれる日数についてお話してきました。AT車は最短で13日で取得できる教習所もあります。一般的には、 14日くらいが免許取得の日数です。

 

約2週間で免許取得できるので、学生さんなどは冬休みや春休みに免許取得をおすすめします。

 

余裕があるのは夏休みになりますが、夏休みは自動車学校、合宿免許ともに繁忙期で、ゴールデンウィーク明けぐらいから予約していないと入校できないようになります。

免許取得を考えているのならば、最短で運転免許が取得できる合宿免許をおすすめします。

 

【おすすめの合宿免許】

合宿免許ドリーム

合宿免許受付センター

免許合宿ライブの教習所入校

error: Content is protected !!