陸王 10月15日放送 第一話あらすじ 

放送前から話題になっている、TBSのドラマ陸王が10月15日第一話が、やっと放送されました。

早速そのあらすじをお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

陸王のあらすじ

第1話

埼玉県行田市の足袋屋「こはぜ屋」は100年続く老舗の足袋屋です。

こはぜ屋4代目社長宮沢紘一は、足袋の需要の先細りから、危機感を抱いていました。

そんな時、メインバンクの埼玉銀行に追加融資の相談に行き、稟議をかけてもらう事にはなりますが、銀行の担当者の坂本より新規事業を立ちあげてみてはどうかと提案をされました。

宮沢自身、デパートへの納品が減少していることなどは身に染みており、新規事業を提案されたときは、軽く応じただけでした。

そんな時宮沢は、娘から「スニーカー」を買ってきてト頼まれ、店に行くと5本足のスニーカーを見つけました。足袋と同じようだと感じ「足袋の技術を生かしたスニーカーを開発できないか」と考え始めるのです。

メインバンクの埼玉中央銀行の担当者坂本といろいろ相談して「足袋スニーカー」を本格的に開発したいとかんがえはじめました。

坂本にスポーツショップの有村を紹介されました。この有村はスポーツメーカに勤務後自分でスポーツショップを経営していますが、ランニングインストラクターの資格を持っているのでした。

宮沢は有村からランナ―の足の故障がより少なくなる「ミッドフット着地」は足袋のように薄いソールが作り出すと聞き、宮沢は「旅の特質を生かした裸足のようなスニーカー」を開発したいと意欲を燃やす。

こはぜ屋内にプロジェクトチームを作り、「足袋スニーカー」の試作品を試行錯誤の上製作していく。

ちょうど有村から豊橋で開催される国際マラソンを見に行かないかと誘われ息子大地とともに豊橋に行くのですが、その大会には学生の時に箱根でライバル関係だった実業団ランナー茂木と毛塚が出場するという事で話題になっていました。

マラソン当日、茂木も毛塚もスポンサーとなっているアトランティスのランニングシューズを履いて登場しました。ところが、ゴール直前で茂木がひざを痛めてしまい、倒れ込んでしまったのです。

宮沢は茂木が膝を痛めた原因はかかとから着地していたことではないかと考え、自社の「足袋スニーカー」を茂木に使ってもらいたいと持参するが、本人には渡らないままゴミ箱に捨てられてしまいます。

宮沢はいよいよ資金繰りに困り、銀行に追加融資の返事を聞くと、担当の坂本は異動が決まり、融資の条件として、従業員を解雇することを迫られる。

まとめ

ドラマですが、大ヒットの予感がします。

阿川佐和子さんはドラマ初出演という事ですが、堂々としていて素晴らしいと思います。正司照枝さんが何とも言えずいいですね。

味をかもしだしているというか・・・。

番頭さんもアトランティスの支社長も、ぴったりですね。

キャストがすごいと改めて感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!