Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

母の日の花を鉢植えにしてみませんか?長持ちして人気です。

世間の話題

母の日の花を鉢植えにしてみませんか?

 

 

母の日に花を贈る方はたくさんいます。

子供たちが小学生のころは色紙でカーネーションを作ってプレゼントしてくれました。懐かしく思い出されます。

母の日に花を贈ると、長持ちしないし、すぐに枯らしてしまうお母さんもいます。年齢が高くなると鉢植えの花を喜ぶ人が多くなるようですね。

鉢植えの花はお手入れ次第で毎年花を咲かせてくれます。

 

  • 母の日の花を鉢植えに変えてもいい?
  • 母の日に鉢植えの花を贈りたいのですが、人気の花を教えて下さい。
  • 母の日の鉢植えでおじゃれな物を探しています。

このような質問に答えていきます。

母の日に鉢植えで人気の鼻を贈りたいと考えている方や、おしゃれな花を贈りたいと思っている方は参考にしてください

カーネーションだけではなく、お好きな花を贈ればきっと喜んでもらえます。

 

母の日の花を鉢植えに変えてもいい?

もちろん、母の日のお花はカーネーションでないといけないなんて決まっていません。

何のお花でもいいんです。だから、お母さんが好きな花を贈るのが一番喜ばれるでしょう。

 

お花は楽天やAmazonの通販でも注文できます。

でも、通販のお花はどんな状態になっているのか、実際に見ることができませんので不安を感じるのも事実です。母の日にお花だけを贈りたいときは、ご近所の花屋さんをのぞいてみませんか?

実際に自分の目で確かめると、「つぼみばっかりで見た目がさみしい。」という事もありません。

 

花屋さんは、花市場でお花を仕入れています。そこで、「お手入れが簡単で、病気にかかりにくく、毎年花を咲かせる色のきれいな鉢植えをお願いできませんか?」と頼んでください。

プロの花屋さんが、条件に合うものを選んでくれます。

スポンサーリンク

母の日に鉢植えの花を贈りたいのですが、人気の花を教えて下さい。

母の日に贈る花は、長持ちするのが人気です。ズバリ鉢植えの花は長持ちします。

それらの中でも

  • クレマチス
  • バラ
  • 胡蝶蘭
  • カラー
  • あじさい

などが人気があります。

 

鉢植えは自分で育てる楽しみがあり、つぼみが花開く姿や日々の変化を観察できます。

ベランダでも手軽にガーデニングを楽しめますし、お庭があれば挿し芽で増やしたり、大きく育てることもできます。

 

最近は鉢植えのアジサイをプレゼントするのが流行ってます。

アジサイの色の紫や淡いブルーが今までに母の日のお花に、なかった花の色でとってもさわやかで豪華なプレゼントになります。

 

母は、アジサイを庭に植え替えていました。お庭があれば、何年も花を咲かせてくれます。冬の間枝だけで、枯れたようになっていたアジサイは、初夏になると緑の葉がたくさん繁り、立派な花を咲かせます。

 

母の日の花 鉢植え【カーネーション】

母の日の花 鉢植え

母の日といえば、カーネーションです。

赤やピンクの他、白や紫、オレンジなど、たくさんの色で楽しませてくれます。カーネーションは日当たりの良い場所を好みますが、夏は涼しく、冬は暖かくを心がけます。

見た目よりも強いのですが、花やつぼみは水が苦手なため直接かけないで土に水をかけるようにしましょう。水をやり過ぎないように注意してください。

母の日の花 鉢植え【クレマチス】

母の日の花 鉢植え

クレマチスは丈夫で初心者にも育てやすい花です。

日当たりがよく、風で葉がゆれるような場所が最適です。午前中に十分日が当たる場所で育てます。真夏は直射日光の当たらない風通しのよい半日陰に移しましょう。つるは光を求めて生長します。

夏前に花がひと通り咲き終わったら、ひと回り大きな鉢に植え替えてください。庭のある方は、地植えにするのがお勧めです。

咲き終わった花はこまめにカットしてください。花がらをそのままにしておくと、種ができて栄養を取られてしまいます。

 

 

母の日の花 鉢植え【バラ】

母の日の花 鉢植え

バラは種類が多く、おしゃれな鉢植えがたくさんあります。ラップを外して1日1回の水やりを忘れないようにしましょう。

1日最低3時間日光が確保できる屋外で管理してください。

植えている鉢から葉がたくさんはみ出しているような場合は、ふたまわりほど大きな鉢に植え替えましょう。

 

母の日の花 鉢植え【胡蝶蘭】

母の日の花 鉢植え

日当たりの良い風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。
直射日光に当たると葉っぱが焼けて枯れてしまうので、窓際に置く際はレースのカーテン越しに日光を充分にあてましょう。

水をあげる目安は、鉢植えの表面を指で押して水苔の表面全体が完全に乾いてからです。
季節や温度にもよりますが1週間~10日に1度、株の根元にコップ1杯のお水を与えます。

水は、胡蝶蘭の植え込み部分の表面が乾いて水気が感じられなくなってからやりましょう。

 

母の日の花 鉢植え【カラー】

母の日の花 鉢植え

まるで女性の立ち姿のようなカラーは、白だけでなく黄色やピンクなど鮮やかな色が楽しめます。

日の良く当たる、風通しの良い戸外で管理してください。梅雨時期は軒下など雨が直接当たらない場所に移動させましょう。

土の表面が乾いたら、鉢の底から流れ出る位たっぷりと株元に与えます。水を与え過ぎると球根が腐ることがあるので注意してください。冬の水やりは不要です。

花が終わったら花茎を元からカットしてください。上手に管理すると翌年6月頃に開花します。

 

母の日の花 鉢植え【アジサイ】

母の日の花 鉢植え

アジサイは、雨がしとしと降り続く梅雨には群青色や薄桃色の花をつけ、心を和ませてくれますね。

土壌が酸性かアルカリ性かで、様々な色合いに変わります。

春から夏にかけては水をよく吸い土が乾きやすいので土の表面が少し乾いたら株元にたっぷりと与えてください。鉢の底から水が流れ出る位がちょうどよいでしょう。

なるべく直射日光には当てず涼しいところで管理すると、花色をキレイに変化させることができます。

 

母の日の鉢植えでおしゃれな物を探しています。

最近人気は寄せ植えですが、1種類でもきちんとお手入れできないのに、寄せ植えで複数の種類があると、大変になります。

やはり、1種類の鉢植えがおすすめです。

母の日の花 鉢植え【ブーゲンビリア】

母の日の花 鉢植え

ブーゲンビリアは初夏から秋まで花を咲かせてくれます。花びらに見える、美しく花びらに見える着色した部分は苞(ほう)と言います。鮮やかな色が多く揃います。

 

花が咲いているときのブーゲンビリアは環境の変化に敏感なので、置き場所を頻繁に変えないでください。春~秋にかけては、土が乾いたら都度水やりをしましょう。土が完全に乾燥したタイミングで、たっぷり水をあげてください。

ブーゲンビリアには、水をあげすぎると開花しないという性質があります。乾燥と水やりのメリハリをつけることがとても重要です。初心者にはちょっと難しいかもしれません。

 

母の日の花 鉢植え【ベゴニア】

母の日の花 鉢植え

ベゴニア・クラシカルドレス はベゴニアの大人気の品種です。豪華なバラ咲きの花、クラシカルな花色が魅力です。

年間通して室内の明るい場所で管理してください。5月〜9月はレースのカーテン越し、10月〜4月はガラス越しで日光に当てましょう。

カゴから鉢を取り出し、鉢底に水を与えます。鉢底には常に水が5mm程溜まった状態を保つようにしてください。

育て方が難しいのと花がすぐ落ちるのが、この花特有の性質です。

スポンサーリンク

母の日の花を鉢植えにしてみませんか:まとめ

ここまで

  • 母の日の花を鉢植えに変えてもいい?
  • 母の日に鉢植えの花を贈りたいのですが、人気の花を教えて下さい。
  • 母の日の鉢植えでおしゃれな物を探しています。

についてお話ししてきました。

母の日の花を鉢植えにして何年も楽しんでもらうと贈ったほうも、うれしいですね。

お母さんの好きな花の鉢植えを贈ってみませんか?

error:Content is protected !!