北朝鮮 またミサイル発射 武力衝突へ進む?

北朝鮮が2017.9.15の午前6時57分また、ミサイルを発射した模様です。

キムジョンウンになってから60発目のミサイル発射です。

これを受けて安倍総理もインドから午前9時4分帰国しました。

日本の上空を通過して襟裳岬の東2,200キロに落下したという事です。飛翔距離はグアムまで十分に届く距離で、アメリカはどう出るのでしょうか?

韓国は、6分後に軍が弾道ミサイル「玄武(ヒョンム)2」を発射したという事です。

お互いに威嚇のためにこのようなことをしていて、いったいどうなっていくのでしょうか?

このように次から次へとポンポンとミサイルを発射されたら、不安になるのは当然のことです。

今まで北朝鮮に対する制裁措置をとってきても中国とロシアが裏から石油や石炭を流しているので、何にもならないと思います。

これこそ、二枚舌なのでは?

スポンサーリンク

北朝鮮対策について感じること

制裁しても、中国やロシアの裏からの援助でで、経済成長率が3.5パーセント以上発達している国です。

制裁中にミサイル開発を進めている国です。

政治の事だから、私がどうのこうの言っても何も変化はないというのは分かっています。

しかし、さっきも言ったように中国とロシアが裏取引をしているのではどうしようもないことです。

中国も以前は人だけたくさんという印象でしたが、今や世界の金融をリードするような国になってきました。

まさか、北朝鮮が世界を脅かすようなミサイルをこんなに早く開発できるなど誰もが、考えていなかったことでしょう。

北朝鮮のミサイル開発はキム・ジョンイルがはじめたのですが、キム・ジョンウンの時代になって、ミサイル開発に突進して成果を上げてきているのも事実です。

義理の兄も平気で殺してしまう人間が北朝鮮のリーダーだという事を忘れてはいけないと思います。

中国の韓国ロッテの対応には嫌悪感を感じる

韓国のロッテクループが戦域高高度防衛ミサイルサードの配置にロッテが所有する敷地を提供していることに対して、中国はロッテが展開する中国国内のロッテマートに対して消防法違反として、店舗を閉鎖しているのです

このようなことを続けていけば中韓はお隣同士なのに、いったいどうなっていくのでしょうか?

中国のやり方というのはあまりにもえげつなくって、嫌悪感を覚えてしまいます。北朝鮮と同じように公開処刑をしていた国という事も忘れないようにしないといけません。

今後はどうなるの?武力衝突の可能性は?

安全保障理事会が本日(9月15日)開催されることになりました。しかし、北朝鮮は今までの制裁でも経済成長率は3.5パーセントを超えています。

そんな北朝鮮に制裁を加えても全く効果はないのではないでしょうか?中国とロシアの考え方を見直してもらうしかないのではないでしょうか?

9月11日の国連決議には中国もロシアも賛成しましたが、今さらという思いがあります。こんなことを言っても「たら」「れば」の話になりますから、どうしようもないのですが・・・。

今回の決議にしても、アメリカの譲歩が目立つようでした。

15日の会議でまた、制裁が発表されてそれに中国ロシアが無条件で賛成するのなら少しは違ってくるかもしれませんね。

北朝鮮の人たちも、先日からのガソリンの高騰で戦争が近づいているのではないかという噂が駆け巡ったという事ですが、このままでは武力衝突に発展するような感じがしているのは私だけでしょうか?

Jアラートが発動されても動かない人たち

今までに数回Jアラートが発動されていますが、一体どれだけの人が避難したのでしょうか?

釧路などではほとんどの人が避難していないという話でした、東北大震災の時の津波警報と同じです。

あまりに警報やアラートに慣れてしまうと私たちは避難しないようになってしまいます。実際にミサイルが落とされてからでは遅すぎるのです。

北朝鮮がこのようになった理由というのは、核を持たないとシリアみたいに攻撃されるという不安からでしょうが、世界でも類を見ない非人道的な国です

いま、世界は北朝鮮に振り回されています。

どうすれば、世界の人々が安心して暮らせる日が来るのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!