Avast傘下の「CCleaner」にマルウェア混入、正規ルートで配信!!

CCleanerの公式ファイルが改ざんされマルウェア入りの状態でダウンロード配布される。

PCメンテナンスソフト「CCleaner」が、改ざん被害にあっていたことを、開発元である英国のPiriform Limitedが発表しました。影響を受けるソフトウェアを使用した人数は、227万人とのこと。

改ざんの被害にあっていたのは、8月15日に公開された「CCleane」のv5.33.6162と8月24日に公開された「CCleaner Cloud」のv1.07.3191の32ビット版。また、「CCleaner Cloud」はすでに問題のないバージョンに修正済みとのこと。

yahooニュースより引用

スポンサーリンク

「CCleaner」って?

「CCleaner」って無料でPCの中身をお掃除してくれるものです。すると、PCが軽くなりとっても使いやすくなるのです。

また、デフラグすると見た目で状況が分かるから月に一度デフラグするのが他にしみになっていました。

とっても使い勝手がよくって、これで無料なの?と驚くレベルです。

ヴァージョンアップしていると、アップデートしますかというように「CCleaner」を開いたときに現れていました。手動でアップロードしなくてはなりません。

私も今までに何年もお世話になってきたので、びっくりしました。

最新版は、v5.34だということですので、ダウンロードしている人は確認してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!