Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

正月太りを解消するダイエット方法 食事&運動

ダイエット

 

 正月太りを解消するダイエット方法を知りたい人

 

毎年お正月になると、情けないことに3キロは太っています。

3キロも太ると、やっぱり体が重たく成ります。どうにかして簡単にダイエットができる方法を知りたいのですが・・・。

 

 正月太りを解消するダイエット方法を知りたい。

正月太りを短期間で解消できるダイエット方法を知りたい。

正月太りを解消する無理のないダイエット方法を知りたい。

と悩んでいませんか?

 

こんな悩みを持つあなたに、お答えします。

 

記事の内容

  • 正月太りを解消するダイエット方法
  • 正月太り解消ダイエット方法とセットでやるべきこと

 

この記事を書いてる私は、毎年正月になると太っていました。

毎年太って、慌ててダイエットして痩せての繰り返しで毎年少しずつ太ってきました。

そこで、考えたのが食事の取り方と運動です。

基本中の基本ですが、これで簡単にダイエットできるようになりました。

お正月でも3キロ以上は太らないようになり、1か月もかからずに元の体重に戻るようになりました。

 

 

私の周りでも、たくさんの人が正月太りしたと言いながら、ダイエットをするのですが、途中で挫折して正月太りを解消できない人が多いようです。

 

というわけで、今回は「正月太り解消ダイエット方法」についてお話しします。

 

とりあえず、正月に太った体重を元に戻したいという方は、ぜひ記事をご覧ください。

 

正月太りを解消するダイエット方法

正月太りを解消するダイエット方法の前に、最初に確認してほしい点があります。

 

それは、

こんな食生活をしていませんか?

 

  • お腹がすいているわけでもないのに、何となく口寂しくて、何かを口に入れている。
  • 空腹感を感じない。
  • お腹もすいていないのに、用意された食事を食べる。

 

このような食生活をしていたら太るのは当然です。

 

何かを口に入れている → お腹がすかない → 食事の時間になると食べる

まさに悪のスパイラルです。

 

口さみしくって、何かを口に入れるという食べ癖を先に改善しましょう

 

1回食事をしたら空腹を感じるまで何も口にしないことが大切です。正月休みの短期間で食べ癖が付いた人なら仕事や学校など休み前の生活に戻ると自然と改善できます。

 

問題は主婦です。ちょっとくらいと、自分を甘やかすとダイエットは失敗に終わります。

 

自分を甘やかすようでは本当に正月太りを解消しようと考えていないことになります。そんな甘い気持ちだからダイエットが成功しない、年中ダイエットをしている痩せないダイエッターとなってしまうのです。

 

食べ癖を改善してから、お勧めするダイエット方法を確認してください。

 

短期間で正月太りを解消するダイエット方法を知りたい

正月太りの特徴は、短期間で太ったという事です。あっという間に太ったのだから短期間でのダイエットも可能なのではないでしょうか?

 

短期間のダイエットは、脂肪燃焼ダイエットがあります。

 

これは一週間で行うダイエット方法で、脂肪燃焼ダイエットスープを食べてダイエットする方法で、食事の量なども制限されています。

 

しかし、真剣に取り組むと2キロから3キロは確実にダイエットが可能で、人によっては10キロもダイエットができたという人もいますので驚きです。

 

もっと毒出し 脂肪燃焼ダイエットスープ (セレクトBOOKS)

 

無理なく正月太りを解消するダイエット方法を知りたい

短期間のダイエット方法は多分自分には向いていないだろうから、ゆっくりでもいいので無理なく続けられるダイエット方法を知りたい人におすすめのダイエット方法です。

 

食事の食べる順序を変える

食事の時に最初に口にするのを汁物や野菜類にします。汁物や野菜類出る程度お腹を満たして、血糖値の上昇を防ぎ、その後の炭水化物の摂取量を少なくすることができます。

 

痩せるために汁物や野菜ばかり口にしていては体に必要なたんぱく質が取れません。肉や魚も必ず食べるようにしてください。

 

汁物・野菜 → 肉・魚 → ご飯・パン の順序で食べる。

 

野菜といってもじゃがいも、にんじん、とうもろこし、かぼちゃなどは糖質を多く含みますので摂り過ぎに注意しましょう。

口に入れたら30回以上は噛む。

太っている人の特徴は、とても早食いです。なぜかというと食べ物をよく噛まずに、飲み込んでいるからです。

 

人間は食事を初めて、血糖値が上がるまでに約20分かかり、食事を取り始めてから20~30分後に満腹中枢に信号がいき、食欲抑制ホルモンがはたらきはじめます。

 

20分以内に食事が終わる人は、食べ過ぎている可能性が高いようです。

 

早食いを解消するためには、食べ物を口に入れたら、30回以上は噛むようにしましょう。また軟らかい食べ物ばかりでなく、ブロッコリーやカリフラワーは固めに茹でるなどの工夫も必要です。

 

 

食事は一口30回以上噛み、20分以上かけて食事をする。

 

継続できるダイエット方法

日常生活にはちょっと気をつけるだけで簡単に継続できるダイエット方法がいくつもあります。

 

例えば、

  • お菓子を食べない。
  • ジュースは飲まない。
  • 食事の前に酢漬けの野菜を食べる。
  • 脂っこいものは食べない。
  • マヨネーズを使わない。
  • 摂取したカロリー計算をしてみる。

などです。

 

食事の順番を変えるダイエット方法や1口30回噛む方法などは、ダイエット方法とは言えないかもしれません。

 

しかし、これらを生活習慣の中に取り入れる事で、無理なくダイエットを継続することができます。食事は私たちの生活に欠かせないものです。

 

食事を楽しみながら少しずつ痩せていきますので、諦めずに続けていきましょう。

 

スポンサーリンク

正月太り解消ダイエット方法とセットでやるべきこと

 

簡単に行える運動を取り入れましょう。

 

食事制限と運動はダイエットの王道です。それを毎日の生活に取り入れることで簡単にダイエットが可能になります。

運動を取り入れましょう

 

とても毎日運動なんてできませんと言われる方が多いと思います。

 

しかし、一定生活の中には運動するも取り入れられるシーンがたくさんあります。

 

もしあなたが、お勤めされていたり学生さんの場合は、通勤通学の時は、一駅歩くようにしましょう。簡単に有酸素運動が取り入れられ、通勤通学の時間帯を利用することで生活習慣の中に組み込みやすくなります。

 

 

最初は辛いかもしれませんが、 1週間も続けるうちに体を動かしても以前のように苦にならないことが体感できると思います。土日は、自宅の周りを奥様と一緒にウォーキングなどもお勧めです。

 

あなたが主婦の場合は、車で行っていた買い物を歩いて行くようにするとか散歩がてら買い物に行くようにするなどという工夫ができると思います。

 

運動できるシーンは日常生活の中にたくさんあります。

 

運動のやり方

運動のやり方で、効果的な方法は、無酸素運動と有酸素運動の組み合わせです。

 

無酸素運動は、基礎代謝を高める運動です。筋肉を鍛えることで、消費されるカロリーを高くして、痩せやすい身体作りをします。

 

 

有酸素運動は、脂肪を燃やす運動です。強度が低い運動を長時間行うと体脂肪をエネルギーとして使用します。体脂肪が燃やされてやせていくのです。

 

分かりやすい組み合わせ例を挙げると、

無酸素運動(筋トレ)10分 → 有酸素運動(ウォーキング)30分 → 無酸素運動(筋トレ)10分

です。

 

しかし筋トレなどは、どのようにしたらいいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そのような時は、公共施設の体育館などを利用してみてください。

 

体育館では、筋トレに効果的な器具やウォーキングマシーンなどもそろえています。スポーツジムなどと比べ低価格で利用できますので、とてもお勧めです。

 

近所の体育館などに問い合わせてみてください。

 

自分で出来る運動

自分で出来る運動は、ウォーキングや水泳など有酸素運動が手軽に取り組めます。特に、ウォーキングは歩くだけでいいのでとっても気軽に始められます。

 

有酸素運動は、 20分以上継続することで体脂肪の燃焼が始まりますので、最低でも20分以上は続けられるものを選びましょう。有酸素運動の中でも、効果が期待できるのが水泳です。

 

水泳は全身運動ですので、カロリー消費が高くなります。とてもお水泳は無理と言う方には、水中ウォーキングもお勧めです。

 

プールが併設している体育館などもあります。インストラクターの資格を持っている職員さんがいますので、気軽に声をかけアドバイスをもらうなどして、上手に利用してください。

スポンサーリンク

まとめ:正月太りダイエット解消方法 食事&運動

記事のポイントをまとめます。

 

正月太りを解消するには、食習慣を見直す。

食事の順番・食事の時間・食べたらいけない食材を意識する

運動を取り入れる。

通勤通学時間を利用した運動・運動のやり方・自分で出来る運動

できるだけ避けたい食材などは、覚えておくと外食の時などにも役に立ちます。

正月太りを解消するために、自分にぴったりの食事の方法や運動の方法を見つけ、役立てていきましょう。

 

 

 

error: Content is protected !!