Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

正月太りの解消法は?脂肪燃焼スープがおすすめ!

ダイエット

正月太りの解消法

毎年お正月が過ぎると、決まって3 kg太っています。

お正月って、ご馳走食べてゆったりくつろいでいいんですよね?

何にもしないで食べて出していたら太るのが当たり前です。

できるのならば、お正月のご馳走を食べながら太らない方法も知りたいのです。でも、これは虫のいい話かもしれません。

 

毎年同じことを繰り返しているのでちょっとは勉強したらいいのですが、ご馳走を見るとなかなか右翼を抑えられないのが現実です。

だって、久しぶりの家族が揃いご馳走を目の前にしたら、家族の笑顔と共に食が進みます。

 

太らないように気をつけていたのに、気がついたら3キロ太っていた。

慌てて痩せなくっちゃ!!とダイエット方法を探しているあなたに、楽して痩せる方法をお話しします。

正月太りの解消法

お正月は、正月太りが悩みです。動かずにダラダラしながら、美味しいものをたくさん食べます。1月中に体重を元に戻すには、脂肪燃焼スープダイエットがオススメ。食生活と生活習慣を見直し、有酸素運動も取り入れると、正月太りが解消できます。

 

お正月に食べ過ぎて太ってしまったなら大丈夫です。

いつもと違う生活習慣や食習慣で太ってしまったのです。

普段通りの生活に戻れば、体重は落ちていきます。でも出来るだけ早く体重落とそうと思うのなら、

お腹が空いていないのに食べるていた食生活を改めましょう。

いつも満腹感を感じていたら、胃はだんだん大きくなって今までの量では満腹を感じないようになってしまいます。

空腹感を感じてから食事をするようにしましょう。

そして、増えた体重を落とすために少しだけダイエットをしてみませんか?

 

無理なダイエットは継続できません。

楽なダイエットを毎日継続して行うと、必ず効果が現れます。

 

正月太りを解消する 最適なダイエットは?

お腹がいっぱいでも、食べていませんか?

胃は、どんどんどんどん大きくなっていきます。そして、大きくなった胃に合わせるように食事の量も増えていきます。それだけ食べないと、満腹感を感じないようになってくるのです。

食べすぎの習慣を改めましょう。

食事の習慣で気をつけること

小さい頃から何回も耳にしている事ですが、食べ過ぎを防ぐのにとても外的な方法です。

一口30回は噛む。

自然にいつもより食べる量を減らすことができます。

よく噛むことで、満腹中枢が刺激されて脳が「お腹いっぱい」と感じやすくなります。

 

汁物や野菜を先に食べる。

体を温める汁物やスープを先に食べ、食物繊維やビタミンが豊富な野菜を先に食べます。

次にたんぱく質(肉・魚など)を食べて、最後に炭水化物(ごはん・パンなど)を食べます。

汁物や野菜を先に食べることで、血糖値の上昇を抑え炭水化物の食べ過ぎを防ぐことができます。

ショウガを食べる

体を温める、ショウガ湯やショウガ料理を食べるようにしましょう。

生姜には、冷え性を改善する効果や血行を改善し脂肪を燃焼させる効果があります。

身体がポカポカと温まるので、ショウガ湯は寒い時期には特におすすめです。

ご飯を炊く時にも生姜を入れて炊いたり、炒め物に千切りの生姜を入れると風味もアップします。

私のオススメは、酢生姜です。

  1. 生姜を千切りにして、酢をひたひたになる程度入れます。
  2. はちみつを入れて一晩寝かして、出来上がり。

天ぷらの衣や炒め物などに重宝しています。

生活習慣で気をつけること

半身浴

ぬるいお湯に長時間使った方が発汗効果が高く成ります。半身浴の方が全身欲よりも新陳代謝が活発になり、デトックス効果も高くなります。

お風呂に入りながら半身浴を試してみませんか?

【半身浴の方法】

  1. 顔と体を簡単に洗います。
  2. 肩まで1度湯船に浸かります。(5分ほど)
  3. その後、胸より下にお湯がくるようにします。
  4. そのまま、半身浴を10分以上します。
  5. 1度湯船から上がり、体をしっかり洗います。
  6. また湯船に浸かり、15分以上半身浴をします。

 

血液の循環も良くなり、体も温まります。発汗作用が高いので簡単にむくみが取れていきます。

楽な運動を継続する

自宅ですぐにできるストレッチがオススメです。

 

おなかに効果的なストレッチがプランク(フロントブリッジ)です。

60秒やって終わりです。これなら誰にでもでき、とても簡単です。

60秒がきついときは10秒やって5秒やすみを5回繰り返してもOKです。

継続することで効果が出ます。

 

このほかにも、有酸素運動のジョギングやウォーキングもおすすめですが、本当に短期間でダイエットしたいという気持ちがあるなら水泳がおすすめです。

水泳は全身運動ですから身体が締まり、体重は減らなくても痩せて見えます。

泳いだからすぐに痩せる、ということは期待できませんが、体力がついて健康になります。

 

近くに体育館などあれば、プールの利用することができますので問い合わせてみてください。

正月太りの解消 ダイエットレシピ

 

正月太りを解消するダイエットを紹介します。

汁物やスープはダイエットの強い味方です。

また、夕食に炭水化物を抜く、「糖質制限ダイエット」も魅力的です。

夕食後お鍋にすることで、簡単に炭水化物を減らすことができます。

ちゃんこ鍋、キムチ鍋、湯豆腐などですが、鍋の〆にうどんやちゃんぽん玉や雑炊はご法度です。

 

おでんや根菜類の煮物もおすすめです。

 

正月太り解消なら、お米にもち麦を混ぜたり、麦ご飯にしたり、玄米に変えるだけでも効果は現れるでしょう。

お正月休みで太るのは「体を動かさない」「食べ過ぎる事」が原因だからです。

 

生姜入り脂肪燃焼スープダイエット

生姜を入れることで、体を温め脂肪燃焼効果を増しています。

夕食の時に毎日このスープを先に飲みましょう。

毎日続けると飽きてきますので、その時はカレー粉を入れたりチリソースなどで味の変化を楽しみましょう。

脂肪燃焼スープの材料・作り方

【材料】

  • 玉葱大 3個
  • ピーマン(パプリカ) 1個
  • セロリ 1本
  • キャベツ大 半玉
  • トマト (400gトマト缶) 大3個
  • 鶏ガラスープの素  小さじ1
  • 昆布 5g
  • 天然塩
  • 生姜 ひとかけ

【作り方】

  1. 野菜を食べやすい大きさに切る
  2. 鍋にカットした野菜と水1ℓ、かつお節、鶏ガラスープの素、昆布を入れて20分ほど煮る。
  3. 野菜が煮えてやわらかくなってきたら、天然塩を入れて味を調える
  4. 最後にしょうがをすりおろしたものを加えて完成

 

脂肪燃焼スープは好きなだけ、いつでも食べられます。

ここで紹介した脂肪燃焼スープは、 1週間のダイエットメニューがスケジュール化されたプログラムの一環です。

 

1週間で本気で痩せようと思う場合は、 1週間脂肪燃焼ダイエットメニューを試みてください。

 

 

 

正月太りの解消法は?脂肪燃焼スープがおすすめ! まとめ

本当に痩せたいならだらだら食べるのをやめ、食習慣と生活習慣の見直しをしましょう。

それに、簡単にできる有酸素運動をプラスしましょう。

お正月太りを解消するだけでなく、健康的にダイエットできるので、高血圧や心臓病の予防などにも効果的です。

ダイエットは、正月太りも解消しながら健康も手に入れられます。

諦めないで続けてみませんか?

必ず痩せられます。

 

スポンサーリンク

 

正月太り 関連記事

error: Content is protected !!