Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?選び方は?
なめるけど大丈夫?

紫外線対策

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要なの?

地球が温暖化していると言われて久しいですが、フロンガスがオゾン層が破壊して、夏の気温の高いことと言ったら、家の中にいても気分が悪くなるほどです。

日本でも地域によっては40度を超えてしまう日もあります。

老化を気にする女性だけでなく、赤ちゃんも紫外線対策をしないといけないのです。

  • 赤ちゃんの日焼け止めはいつ頃から必要になるのでしょうか?
  • 赤ちゃんの日焼止めの選び方を教えてください。
  • 赤ちゃんの日焼止めの塗り方や落とし方は?
  • 赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまいます。安全ですか?

 

肌が弱い赤ちゃんのために、日焼け止めを使い始める時期や日焼け止めの選び方などを解説します。

赤ちゃんにも紫外線対策が必要だと考えている方、お散歩のときの日焼止めを探している方などは参考にしてください。

 

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要

赤ちゃんは生後何か月くらいから日焼け止めが必要になるのでしょうか?

毎年毎年、最高気温が更新されていく中、ちょっとした外出時にも徹底的な紫外線対策が必要です。大人の肌でも紫外線対策が必要ですから肌の柔らかい赤ちゃんならなおさらのことです。

 

赤ちゃんの日焼け止めは一般には6ヶ月を過ぎてから使うように推奨されています。

肌にやさしい日焼け止めといっても生後すぐから使うようなことは控えた方が無難でしょう。

赤ちゃんの日焼け止め対策

  1. 日焼け止めクリームを使う
  2. 紫外線を徹底的に防ぐ

の方法があります。

日焼け止めクリームを使う

赤ちゃん用日焼け止め アロベビー

赤ちゃんの用の日焼止めクリームを使いましょう。赤ちゃん用の日焼止めには虫よけ成分が含まれてることが多いようです。

肌の弱い赤ちゃんのためにも、成分をしっかりチェックして、赤ちゃんの肌に合う日焼け止めを選びましょう。

オーガニックの日焼止めなどを使用すると安心です。

 

紫外線を徹底的に防ぐ

自宅では、

赤ちゃんは生まれてから、ほとんど家の中で過ごします。ミルクを飲んで、寝ながら成長していきます。ベッドの位置は大丈夫ですか?窓際にベッドがあるなら、直射日光が当たらない場所に移動させましょう。

 

家の中にいても紫外線は窓から侵入してきます。

UVカットのレースカーテンや、窓ガラスに貼るUVシートを利用して紫外線を防ぎましょう。

窓の外やベランダにも日よけシートやよしずを置いて、強烈な紫外線を遮るようにしましょう。

外出時は、

日常生活の中で赤ちゃんと出かけるときは、ベビーカーを使われる方も多いですね。ベビーカーに乗せているときはベビーカーの幌で日光を遮ったり、帽子をかぶせましょう。

UVカットのポンチョを着せたり、UVカットのひざ掛けを掛けたりしましょう。日傘で影を作ってあげるのもいいですね。

 

日中のお出かけの時は、日差しの強い時間帯の外出を避けましょう。

もっとも紫外線が多い時間帯は10時~15時です。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、アスファルトに近い位置にいるので、体感温度は大人よりもずっと熱いはずです。

 

どうしても外出しなければいけないときは、長そでを着せたり、ケープを使って直射日光から守ってあげましょう。

タオルや大きめのハンカチがあると重宝します。予備として1枚多く持って外出しましょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

アロベビー UV&アウトドアミス

「新生児から使えます」というように書いてある日焼け止めがドラッグストアで販売されています。

新生児の頃は寝ている時間が長いので、室内では直射日光や紫外線を浴びることはそれほど多くはありません。新生児の赤ちゃんには日焼け止めは塗らないほうが安心ですね。

 

日焼け止めの選び方

赤ちゃん用の日焼け止めは、塗らずに済むものなら、塗りたくないのが本音です。

もし塗る必要があるなら、できるだけ刺激の少ない赤ちゃん用の日焼け止めを選んで使いましょう。

 

皮膚科の先生に赤ちゃん用の日焼止めの選び方を聞いてみると、

  1. SPF値(日焼け止め指数)があまり高くないもの(10〜20程度)
  2. PA(UVA遮断効果)+以上のもの
  3. 紫外線吸収剤が入っていない、反射剤のみのもの

 

1~2時間程度のお散歩や買い物なら、SPF値(日焼け止め指数)15くらいで十分です。2時間おきくらいにこまめに塗りなおすと効果が持続します。

 

肌が弱い子なら、オーガニックの日焼止めを使いましょう。

赤ちゃんの肌にいろんなものを塗りたくないというのが本音です。オーガ二ックの日焼止めなら敏感肌の方も安心して使っています。

 

しかし、オーガニックの日焼止めは伸びが悪く白くなるという声もありますので、理解の上利用してください。

 

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方

赤ちゃんを連れて外出するときなど、日差しがきついなと思ったら日焼け止めを塗りましょう。

顔に湿疹など肌トラブルのない赤ちゃんなら、ベビー用の日焼け止めをお出かけ前に顔と手足に塗っておくと良いでしょう。

【日焼止めを塗る前に】

初めて赤ちゃんに日焼け止めを使う場合はパッチテストを行いましょう。

使用する前日の夜、腕の内側にうすく日焼け止めを塗り、翌朝赤くなっていたりブツブツが出ていなければOK!
もし肌に異常が見られたら、日焼け止めの使用は控えてください。

赤ちゃん用の日焼止めは、どんなに肌に優しくっても、合う・合わないがあります。ほかの日焼止めでも必ずパッチテストをして使用するようにしましょう。

 

日焼止めの塗り方を紹介します。

  1. 適量を出し、ママの両手で軽くなじませる。
  2. 顔は、中心から外に向かってなじませる。
  3. 日差しが強い時は重ね付けを。
  4. 腕や足は握りながら、塗っていく。
  5. 塗り残しがないかチェックする。小鼻の周り、耳、首、生え際、手や足の甲など

 

汗をかいたり、タオルで拭いたりすると日焼け止めが落ちてしまいますので、必要に応じて塗りなおしましょう。長時間の外出の場合は2~3時間おきに塗りなおしましょう。

 

日焼け止めの落とし方

赤ちゃん日焼け止め落とし方

赤ちゃん用の日焼止めは、基本石けんで落ちるタイプです。入浴時に石鹸をしっかり泡立てて、優しく洗えば日焼け止めは落ちます。

使っている日焼け止めのタイプは石けんで落ちるタイプの日焼止めか念のために確認しましょう。

 

【顔に塗った日焼け止めの落とし方】

  1. 石けんをしっかり泡立てる
  2. 石けんの泡を顔にポンポンと3か所ほど乗せる
  3. 絞ったガーゼで、泡をなでながら拭き取る
  4. ガーゼをすすぎ再度顔を拭く(3~5回繰り返す)

ガーゼは肌に刺激を与えます。顔はデリケートなので優しくなでるように洗いましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが日焼け止めをなめるのですが…

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要

赤ちゃんは手を顔にやったり、指を舐めてしまうため、日焼け止めをなめているように思います。

 

気になるのでかかりつけの皮膚科の先生に聞いてみると、

赤ちゃんが日焼け止めを塗った手を舐めたりしても、ごく少量なので特に問題はありません。」と言われました。

赤ちゃん用の日焼止めは舐めても大丈夫なもので作られているそうですが、手や指にはあまり塗りたくないですね。

そこで、赤ちゃんが舐めても安心の国産オーガニックの日焼止めを紹介します。

アロベビーUVアウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミス

【UV&アウトドアミストの特長】

  • 1本でUVと虫除け対策ができるミスト
  • ミストタイプだから、動き回る赤ちゃんにも使いやすい
  • 白浮きせずに、お湯で流せる
  • 100%天然由来成分/純国産/合成紫外線吸収剤不使用/ディート不使用/無添加・無香料・無着色SPF15 PA++

オーガニックベビースキンケア商品は香りが強い海外製品が多のですが、「やさしい香り」「天然由来」「無添加」「純国産」等にこだわった製品作りをしています。

赤ちゃん用日焼け止めアロベビー

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要:まとめ

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要

ここまで、赤ちゃん用の日焼止めはいつから必要かという事についてお話ししてきました。

赤ちゃんは自分で歩けるようになるまでは、行動範囲も狭いので、日陰にベビーカーを停めたりして紫外線対策もうまくいきます。

しかし、歩くようになってくると行動範囲も広がり、帽子だけでは紫外線を防げなくなります。

日差しが強い時の外出には紫外線から赤ちゃんの肌を守るためにも赤ちゃん用の日焼止めを使ってみませんか?

error:Content is protected !!