Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ノンケミカルの日焼け止め|石鹸で落とせる市販のもの

ノンケミカルの日焼け止め 紫外線対策

地球温暖化の影響でしょうか?

毎年気温が高くなり、それに伴い紫外線が強くなってきたとあなたは感じませんか?

 

 

ドラッグストアでは、紫外線から肌を守るための、様々な日焼け止めが販売されています。

とても種類が多すぎて、いったいどれを選んだらいいのかわからなくなってしまいませんか?

 

肌が弱いので、できるだけ刺激が少ない日焼け止めを探しています。

石けんで落とせる日焼け止めで、子供と一緒に使えるならいう事ありません。

安くて、効果があって、肌にやさしいと三拍子そろった日焼け止めってありますか?

 

スポンサーリンク

ノンケミカルの日焼け止め|石けんで落とせる市販のもの

ノンケミカル日焼け止め

ノンケミカルの日焼け止めで石鹸で落とせるものを価格の安い順に紹介します。

サンケア指数(SPF/PA)を参考にして選んでくださいね。

SPF/PAは、2種類ある紫外線をどれだけ防げるかを数値で表したものです。

紫外線A波(UV-A)を防ぐにはPA値を、紫外線B波(UV-B)を防ぐにはSPF値を参考にします。

SPF値は、紫外線B波を防御する継続時間を表したもので、数値が高ければ日焼けをしない時間が長くなります。

効果のある時間が短くても、塗り直すことでちゃんと日焼け止め効果は続きます。

数値が低い方が肌に優しいことは言うまでもありません。

 

 

花王|ニベアサン プロテクトウォータージェル

ニベアサン プロテクトウォータージェル 

ウォータープルーフタイプではありません。

487円~

SPF35/PA+++ 80g

化粧水感覚のUVジェルで、とろけるように肌になじむ、素肌にやさしい使い心地で、うるおい効果が更にアップしました。

専用クレンジング不要。

だから、毎日使っている石けんや洗顔料・洗浄料などで落とせます。

ちふれ|日やけ止め ジェル UV

ちふれ 日やけ止め ジェルUV

SPF38/PA+++ 80㎖

648円~

スキンケア感覚で使える日やけ止めジェルです。

紫外線や乾燥にさらされた肌をうるおいでつつみ込みます。

とろりとしたやわらかなミルキージェルがなめらかにのびてするんと肌になじみます。

うるおうミルキージェルUV。 石けんで落とせます。

 

 

マミー|UVマイルドジェルN

マミー UVマイルドジェルN 100g

810円~

SPF33 PA+++

 

親子でやさしく使えて、せっけんでかんたんに落とせる90%食品成分、無添加処方の日やけ止めジェルです。

やさしさはそのままにUVカット効果をアップ。

4種の天然うるおい成分(アロエエキス・木いちごエキス・アセロラエキス・ホホバオイル)と、美容液成分のヒアルロン酸を配合しているので、UVケアしながら、すべすべのうるおい肌になります。

ロート|ママはぐ(ミルクタイプ)

ロート製薬 ママはぐ 無添加 低刺激性日やけ止めミルク 
692円~

SPF34/PA+++ 100g

ママはぐシリーズの日焼け止め(SPF34)で日常使いにおすすめ。

ポンプタイプで使いやすく、ミルクなのでやさしく肌になじんでべたつきません。

弱酸性で低刺激なので、赤ちゃんでも安心して使うことができます。

さらさらしているのに、べたつかないのにしっとりしてます。

石鹸で落とせます。

ユースキン製薬│ユースキンS UVミルク 

ユースキンS UVミルク 

SPF25/PA++ 40g

741円~

紫外線を防ぐ効果と、お肌へのやさしさの両立を考えた低刺激処方なので、敏感肌の方も安心して使えます。

石けんで簡単に落とせるのもうれしい。

無香料、無着色、アルコールフリーの日焼け止めで、うるおい成分である「しその葉エキス」が配合されていて、お肌を守ってくれます。

やわらかいテクスチャーで、少し手で温めてから伸ばすとよりなじみやすくなりますよ。

 

 

パックスナチュロンUVクリーム

パックスナチュロン UVクリーム

45g SPF15/PA++

864円~

せっけんで乳化したシンプルな日焼け止め

このUVクリームは皮膚炎を起こす危険性のある紫外線吸収剤を使用せず、酸化チタンで紫外線を反射・散乱させて紫外線のダメージから肌を守ります。

SPF15/PA++の紫外線防止効果があり、保湿成分のシアバターとカミツレエキスが肌の乾燥を防ぎます。

陽射しを防ぐだけではなく、肌をしっとりさせ、なめらかにする作用があります。

洗い流すときも強力な洗顔を必要とせず、せっけんで落とせるのも魅力的です。

ママバター│UVケアクリーム

ママバター UV ケアクリーム 

45g SPF20/PA++

1,132円~

サバンナの恵み「シアバター」を配合した、やさしいUVケアクリーム。

紫外線吸収剤不使用のため、石けんで洗い落とすことができます。

ママバターの、子供にも安心して使える「UVケアクリーム」です。

固めのテクスチャーですが、手の温かさでやわらかくしてら伸ばすとなじみやすくなります。

 

ノンケミカルの日焼止めは、石鹸で落ちるものを選ぶのがポイント

 

あなたは、日焼止めを選ぶときはSPF値やPA値を参考にしていませんか?

SPF値が50なんていうのを見ると、紫外線をカットする力がとても強力だと思っていませんか?

 

実は、SPF値は日焼け止め効果のある時間を表す数値なのです。数値が高くなっても、日焼けしないというわけではないのです。この辺を勘違いしそうですよね。

でも、SPF値が低くても、塗りなおせば大丈夫なんですよ。

その方が、肌にやさしいのです。

 

肌のためには、日焼け止めを落とすときにクレンジングを使うのはおすすめできません。石けんで落とせる日焼止めかというのも、選ぶ基準になります。

今までに紹介したノンケミカルの日焼け止めは石けんで落ちます。

ケミカルの日焼け止めを使ったら、クレンジング剤を使わないときれいに落とせません。

 

ケミカルとノンケミカルの違いは、紫外線吸収剤を使っているか、いないかです。

  • ケミカルの日焼け止めは紫外線吸収剤を使っています。
  • ノンケミカルの日焼け止めは紫外線錯乱剤を使っています。

肌に優しい日焼け止めを選ぶなら、紫外線吸収剤を含まない方が安全です。

紫外線吸収剤は肌に対して刺激になることがある成分だからです。

 

敏感肌の人や肌が弱い人は、「紫外線吸収剤不使用」もしくは「ノンケミカル」と表示されているものを選びましょう。

 

ノンケミカルタイプは肌にやさしいので、お散歩や買い物で使用するには、SPF20前後、PA++く

らいがおすすめです。

肌が紫外線に弱く、すぐに赤くなるような人はSPF30程度を選びましょう。

普段から外で過ごす時間が長い人も、SPF30程度のものを選び、紫外線対策をしましょうね。

スポンサーリンク

日焼けしないためには?日焼け止めの正しい使い方

日焼け後ケア

肌が弱い人や敏感肌の人はノンケミカルの日焼止めを選ぶようにしましょう。

ノンケミカルの日焼け止めには、肌に刺激を与える「紫外線吸収剤」が含まれていません。

あなたは今までに、きちんと日焼け止めを塗っているのに日に焼けたという経験はありませんか?

結構、そういう人って多いんです。

日焼止めの正しい使い方をお知らせします。

量が少ないと効果が落ちる。

日焼け止め効果はSPF値やPA値だけでなく、塗る量によっても変わってきます。

塗る量が少ないと、当然効果は落ちます。

日焼け止めの効果を期待するなら、かなり厚く塗らなければ効果はありません。

 

そうかといえば、日焼け止めを厚くつけるとべたべた、ヌルヌルするのがいやという方もいらっしゃるでしょう。

そのようなときは、より日焼する部分(頬骨のあたり)を少し厚めに塗ってみませんか?

紫外線によるシミができるのは、頬骨のあたりからできることが多いからです。

頬骨のあたりだけ重ね付けすると、顔全体に重ね塗りするよりも軽い感じに仕上がります。

紫外線カット効果を確認する。

肌を焼かないためには紫外線カット効果をきちんと確かめましょう。

海やスキー場などの紫外線が多い場所では、SPF50、PA+++を選びましょう。

SPF50/PA+++のケミカルの日焼け止めを使えば、それだけ肌に負担になります。

シミと肌荒れのどちらを防ぎたいかと聞かれれば、あなたはどちらを選びますか?

シミを防ぎたいですよね?

それなら、多少肌荒れしても紫外線カット効果の高い日焼け止めを選びましょう。

それが、SPF50/PA+++の日焼け止めです。

シミは一度出来たら、薄くするのってとっても難しく、根気がいります。しかし、多少の肌荒れ程度は、お手入れ次第で元に戻りますからね。

 

肌が弱い人は、顔用にノンケミカルタイプの日焼け止めでSPF30くらいのものを使いましょう。

そして、その日焼け止めを厚く塗り、その上からパウダーファンデーションを重ねて塗れば、日焼けをすることはまずありません。

 

シミを作りたくなければ、日焼け止めは厚めにしっかりと塗りましょう。

海などのレジャーで日焼け止めを使う場合は、汗や水で日焼け止めが落ちたらすぐに塗り直します。

こまめに厚く塗り直してしていると、あっという間に日焼け止めがなくなってしまいます。

 

なので、ノンケミカルの市販の日焼け止めはおすすめです。

量を惜しむことなく使いましょう。

 

ケチケチして日焼け止めを使って、シミを作り後からに高価なシミ取り化粧品などにお金を使うくらいなら、日焼け止めをいくつか買ったほうがいいと思いませんか?

 

ノンケミカルの日焼け止め:まとめ

ノンケミカル日焼け止め

肌に優しい日焼止めなら、ノンケミカルで石鹸で落とせるものを選びましょう。

日に焼けない方法は、正しい量を使う事や紫外線カット効果()を確認しましょう。

紫外線カット効果が高ければ高いほど、肌に悪い影響があります。

シミは防ぎたい、けど肌に優しい日焼け止めを選びたい人は、SPF30/PA++程度のノンケミカルの石鹸で落ちる日焼止めを選び何回も厚く塗り直すことです。

このようにすれば、シミを予防することが可能です。

 

紫外線はシミだけではなく、皮膚がんにも影響があります。

子どもの頃からしっかりと紫外線対策をすることが推奨されています。

市販のノンケミカルの日焼け止めをたっぷり使って、紫外線をカットしましょう。

 

error:Content is protected !!